招請講演・指定演題

2018年

長谷川 毅.PDとQuality indicator (教育セミナー4).第24回腹膜透析医学会 .2018年10月(徳島).

長谷川 毅.  論文リバイスの実際(教育講演 ベーシック2 / [統計調査委員会との共同企画]あなたの論文は何故rejectされるのか?).第63回日本透析医学会.2018年6月(神戸)

長谷川 毅.  PD(学会・委員会企画5 / 学術委員会企画 2017 Year in Review).第63回日本透析医学会.2018年6月(神戸)

長谷川 毅.  糖尿病(学会・委員会企画5 / 学術委員会企画 2017 Year in Review).第63回日本透析医学会.2018年6月(神戸)

長谷川 毅.  オーバービュー:透析導入期早期死亡に影響する臨床要因(学会・委員会企画9 / 統計調査委員会企画 透析導入期早期死亡の疫学).第63回日本透析医学会.2018年6月(神戸)

長谷川 毅.腎疾患領域におけるリサーチ・クエスチョンを見つけて磨く.第1回筑豊腎塾.2018年2月(飯塚)

西脇宏樹.GRADEシステムとガイドライン~ネフローゼ症候群を事例に~.第1回筑豊腎塾.2018年2月(飯塚)

 

2017年

長谷川 毅.CKD患者における高リン血症治療の現状. 第20回臨床力アップのための腎臓内科セミナー.2017年1月(東京)

長谷川 毅.臨床研究はじめの一歩:倫理的配慮も踏まえて.第381回東京産科婦人科学会例会.2017年2月(東京)

Hasegawa T. DOPPS: Impact of clinical practices on early mortality among HD patients (Symposium 37. Optimizing care in advanced CKD and the transition to dialysis: Insights from DOPPS Program). 54th ERA-EDTA Congress (Madrid), June, 2017

長谷川 毅.日本と海外の透析状況~PD~(教育講演ベーシック).第62回日本透析医学会.2017年6月(横浜)

長谷川 毅.臨床研究に必要な統計解析はじめの一歩. 初学者のためのCKD臨床研究セミナー in 福岡.2017年9月(福岡)

長谷川 毅.「医療の質」評価からみた腹膜透析(シンポジウム9:腹膜透析医療のグランドデザインを描く).第23回日本腹膜透析医学会 .2017年10月(小倉).

 

2016年

長谷川 毅.臨床研究はじめの一歩.第13回APES CAMP イブニングセミナー.2016年4月(茅ヶ崎)

長谷川 毅、花房規男、南学正臣.血液透析患者におけるスタチン製剤処方とESA低反応性の関連についての検討:JDOPPSからの報告(企業共催シンポジウム1/DOPPS Symposium in Japan). 第61回日本透析医学会2016年6月(大阪)

長谷川 毅.リウマチ専門医のための臨床研究はじめの一步.第35回城南リウマチ会.2016年7月(東京)

長谷川 毅.CKD診療における病診連携の重要性―DOPPSからの知見も踏まえて.  Kidney Forum in Yokohama 2016.2016年10月(横浜)

長谷川 毅.透析患者における健康関連QOLの重要性―DOPPSからの知見も踏まえて.  透析合併症治療セミナー2016.2016年10月(名古屋)

長谷川 毅.CKD診療における臨床研究ことはじめ-臨床上の疑問の見つけ方.  第20回腎不全治療研究会.2016年10月(福岡)